おじさんのような声が出る立木文彦さんが好きです

立木文彦」さんは、「新世紀エヴァンゲリオン」の碇ゲンドウのキャラクターの声優として担当をしていました。

碇ゲンドウというキャラクターは、中学生の父親のような声が出ていて、おじさんのような声が出る事でとても愛着が湧いています。
碇ゲンドウの性格に関して、決して熱血漢という性格ではなくて、どんな事があっても冷静な態度で対応をする事が特徴です。

 

私は新世紀エヴァンゲリオンというアニメを見ていて、碇ゲンドウというキャラクターは冷たいという印象を受けて、立木文彦さんが冷たさを醸し出している所が好きです。
意外にも碇ゲンドウを担当する立木文彦さんは、意外に熱血漢である事が分かりました。

 

おじさんの中でも、冷静なキャラクターと熱血漢のあるキャラクターを担当している場合、キャラクターなどの性格などを工夫しながら声優として頑張っている事を感じました。
最近は若者のキャラクターが多い中で、おじさんを務められる声優は、立木文彦さんが最も適していると考えています。

おじさんのキャラクターの声優を務める時に、立木文彦さんが登場した時には、積極的に頑張っている姿をとても応援します。

 

立木文彦さんは、最近では様々な番組のナレーターを務めています。

番組でナレーションをしている時に、声優の立木文彦さんがナレーションをしていると、積極的に応援しています。