名探偵コナンで今の毛利小五郎役を担当している小山力也さん

「コンスタンティン」でキアヌ・リーブスの吹き替えを担当した「小山力也」さんが、「名探偵コナン」で毛利小五郎役を演じています。

毎回コナンに麻酔針を打ち込まれ、「眠りの小五郎」になることで話が展開するので、コナンの活躍には毛利小五郎は不可欠な存在だと言えます。

ただ、それだけだと極めて薄っぺらな人物になってしまうので、演じ方がとても難しい役です。

 

小五郎の最大の魅力は娘に対して心からの愛情を注いでいること。

高校生の娘に媚びるのではなく、きちんと監督して、いざという時には誠心誠意守ろうと頑張るところは、仲良し親子が増えた今日、これから父親になる男性諸氏にはしっかり見ていて欲しいと感じます。

 

コナンや子供たち、妻に対してもぶっきらぼうな接し方ながらも、けっして邪険ではなく、心の底に温かさがあるということが透けて見える人物。

一方で美人にはすぐに鼻の下を伸ばしてしまうところもあります。

そうした二面性を持っているので、演じるのに苦労する役だと思いますが、小山さんの演じる毛利小五郎は厚みのある人物になっています。

 

将来父親になる男性諸氏にはぜひ聞いておいてもらいたい小山さん演じる毛利小五郎。

渋みのある小山さんの声が伝える毛利小五郎という人物を詳しく知ることで、大人の男とは?が分かってくると思います。

 

小山さん演じる毛利小五郎の言葉を味わって見てください。

きっと心のひだに刻まれる台詞回しがあるはずです。