往年のベテラン声優・大山のぶ代に道で会った

大山のぶ代」さんと言えば、もはや説明するまでもなく、アニメ「ドラえもん」のドラえもん役の声優さんとして、お馴染みですよね。

また、ドラえもんの声優さんとしてだけではなくて、コメンテーターなどの仕事でもお馴染みでしょうか。

 

私が学生の頃も、大山のぶ代さんと言えば、ドラえもんの声優さんとしてだけではなくて(当時はまだ水田わさびさんに交替はしていなかった)、みのもんたの「思いっきりいいテレビ」のコメンテーターとしても出ていたことを覚えています。

 

そんな大山のぶ代さんに、実は私は学生時代に道でばったりと出会ったことがあります。

率直に言えば、道で会った感じでは良い人でした。と、言いますか、誰かと待ち合わせをしている風な感じで、その都市の某主要駅周辺の待ち合わせスポットで大山のぶ代さんが立って待っていたのですよね。

 

既にお昼の番組でコメンテーターとしてお馴染みでしたので、大学生の私でも「あ、あの人ってドラえもんの声優じゃない?」とは、なんとなくわかっていましたね。

けれども、大山のぶ代さんによく似たおばさんかも知れませんし、それに声をかけていいものなのか迷うところもあって、あえて声はかけなかったのですが、しかし私の友達が行きましたね。

 

すると、そこで発せられた声は、ドラえもんそのままな声でした。

もう思わず感動してしまいましたよ。そして大山のぶ代さんは、とっても親切に優しく応対してくれました。屋外のことですから、寒いのにも関わらず。

 

そして帰ってみて大山のぶ代さんについて調べてわかったことなのですが、料理研究家としても活動されているとかで。どうりで、地元の名物に関するトークでも冴え渡っていたわけです。このエピソードのみなのですが、未だに大山のぶ代さんに対して良いイメージがありますね。

 

そしてまた思うことと言えば、やっぱりひとつヒットキャラクターがあると強いですね。

もう大山のぶ代さんと言えば、ドラえもんを思い浮かべますから。