七色の声を持つ声優の山寺宏一さん。

声優と言えば、ベテランの中のベテランである「山寺宏一」さんを忘れてはいけません。

今や声優のみならず、ナレーター、司会、俳優、タレントとして、マルチな才能を発揮されています。

 

主な出演作品としては、子供アニメ番組として人気のあるアンパンマンのめいけんチーズをはじめ、らんま2/1の響良牙・Pちゃん、新世紀エヴァンゲリオンの加持リョウジ、ディズニーアニメのスティッチやドナルドダックなど、数々のアニメ作品に登場しています。

また、洋画の吹き替え作品にも数多く出演しており、ウィル・スミス、エディ・マーフィー、ジム・キャリーなど幅広い俳優を担当しています。

 

ラジオのパーソナリティーの仕事をこなしたり、「おはスタ」では司会業をこなすなど、タレントとしても活躍しています。

山寺さんはものまねも得意としているため、何度もものまね番組に出演しています。

 

そのものまねレパートリーは幅広く、尾崎豊やささきいさお、ピエール瀧など様々なタイプの人を演じることができます。

さらに、声帯模写も得意としており、携帯電話やトランペット、ギター、そしてジャングルの動物に至るまで、本物と間違うぐらいの音を発する技を持っています。

 

山寺さんは、ものまねのレベルが高いこともあり、現在ではルパン三世の2代目銭形警部に抜擢されています。

山寺宏一さん演じる銭形警部は、初代の納谷悟朗にそっくりと話題となりました。

また、七色の声を持つ声優としても知られており、一つのアニメ作品の中で、何役も担当することも多いです。

 

本当にマルチな活躍の山寺宏一

 

声だけではない活動をしている声優さんはアイドル的な女性が多いですが、実力派の男性にもいます。

山寺宏一」さんです。

言うまでもないくらい有名ですが、映画の吹き替えでは、ウィル・スミス、エディ・マーフィ、ジム・キャリー、クリス・タッカーといろいろな名前がすぐ出てきます。

 

他にも、アニメではカウボーイビバップのスパイクというブルース・リー好きな賞金稼ぎという主役、エヴァンゲリオンの加持リョウジといったスパイ的な役割から、アンパンマンのチーズという子供向けのマスコットキャラクターまで、アニメの内容、キャラクター、とどちらも非常に幅広くこなすことができます。

 

それだけではなくラジオパーソナリティとして、バズーカ山寺という名前でたたみかけるようなおしゃべりでリスナーを楽しませたり、多彩な声を出せることをいかしたものまねタレントという一面まであります。

本職の人に混じってものまねをしてもまるで遜色のないほどです。

 

さらには朝の番組、おはスタでは、オーハー、という挨拶でブームをつくりました。

香取慎吾の、おっはー、という挨拶で多少かき消されてしまった感がありますが、それでも、並のテレビタレントよりも存在感を示しているほどです。

 

これほど、なにをしてもいろいろなことができる声優さんはこれまで、一度もいなかったのではないのでしょうか。すごすぎます。